記事によると

メルカリ対抗のフリマアプリ「PayPayフリマ」をサービス開始したことが株価急落の材料視とされている。 PayPayフリマはサービス開始に伴い、出品者が負担する送料を無料とするキャンペーンを11月30日まで実施。 フリマアプリでの競争激化による業績懸念から売りが優勢となっている模様